医者

悩みはプロと解決|アレルギー性鼻炎も症状チェックで治す

補聴器の購入方法

耳に手を当てる人

難聴は先天的なものもありますが、視力と同様に加齢によって生じます。難聴を補うために補聴器を使います。現在では、補聴器は手ごろな価格で手に入り、目立たないデザインのものも多いので、気軽に装着することができます。

耳鼻科での診察と治療

先生

アレルゲンによる鼻炎

耳鼻科では、主に鼻や耳に関する症状を診察したり治療を行ってくれます。風邪などの症状で鼻水が出たり詰まって苦しい時はもちろん、耳や鼻に異物が入ったり痛みを感じるときにも的確な対処をしてくれます。鼻炎が起こる原因として多いのが、アレルギー反応によるものです。アレルギー反応とは、外部からのさまざまな刺激に対して身体が過剰な反応を起こしてしまうことを言います。ハチに刺されたときにアナフィラキシーショックを起こすのも同じことが原因です。人によってアレルゲンは異なりますが、耳鼻科では血液検査でアレルゲンの特定をすることできます。なぜ鼻炎が起こるのか原因を知ることで、治療が進めやすくなるメリットがあります。

鼻炎の種類と治療

アレルギー性鼻炎を発症している人は、過去と比べて増加傾向にあります。アレルギー性鼻炎は、二つのタイプに分けることができます。スギやヒノキなどの花粉が原因となって起こる症状を、季節性アレルギー性鼻炎と言います。春先や秋など季節が限定されて症状があらわれるのが特徴で、花粉症と呼ばれることがあります。一方で、季節に関係なく家庭のほこりやダニといったハウスダストが原因で起こるのが、通年性アレルギー性鼻炎です。どちらの場合も、耳鼻科を受診することで点鼻薬や内服薬を処方してもらうことができます。過剰なアレルギー反応を抑えるために、抗ヒスタミン剤が効果的だと考えられています。季節性アレルギー性鼻炎の場合は、マスクをしたり外出を控えることで予防することができます。また、通年性アレルギー性鼻炎の場合は、室内を清潔に保つことが大切です。

無理なく会話をするために

シニア男性

補聴器の選び方で大切な点として、お店選びが挙げられます。医師に紹介してもらったお店など、安心して購入できるお店を選びましょう。また補聴器には耳に直接入れるタイプとかけるタイプなどの種類があるため、事前に商品の情報を理解しておくことも大切です。

聴力が低下したら

笑顔のファミリー

老人性難聴は耳の中にある有毛細胞が劣化したり減少したりすることによって生じるため、年を取れば誰にでも起こりうる現象です。老人性難聴の場合は補聴器を使えば日常生活をフォローすることができます。ただ補聴器は販売店などで細かな調整が必要となるので、あらかじめ耳鼻科で聴力検査を受けておくようにしましょう。